sucre tiré  アメ細工その2 no.16
今日は、先週末にデモを見たsucre tiré(引きアメ)の実習。
アメの土台(流しアメ)をつくるのに必要な道具を準備万端用意していたら、
chefがやってきて、"今日はsucre tiréだけだから”と一言。
最初の3時間で色をつけないアメで、"ゆり"、後の3時間で着色したアメで”バラ”を作成です。

今日は、作業以外のところで、問題が発生してばかり。
まずは、計量のためのマイはかりが見つからない…。ロッカーにもない。
また、なくしたの??とりあえず、他の子のハカリを借りて計量。

次に、アメランプのコンセントに届かない。背伸びしてがんばっていると、chefがやってきて、
"ちょっと高いね、届かないね〜。”…、はい、その通りです。代わりに差してくれました。。

そして、最後は温度計の故障、、。
最初のアメを炊いたときも、みんなと同じ温度なのに、あきらかに色が違う。
2回目の時も途中あまりにも温度が上がらないので、他の子の温度計をかりてみると、
温度計の温度よりもかなり上昇しているよ〜!
おかしいな〜とは思っていたけど、あぶないところでした。

熱いアメを体重をかけて引っ張る、引っ張る、また引っ張る。
つまむ、引っ張る、花びらをつまむ、花の形をつくる。
アメ自体は思っていたより熱くはなく、手袋1枚のみで作業していたけど、
ゴム手袋の中がサウナ状態で、手袋をはずすとふやけて、じ〜んわり赤くなっていました。
(この時点で水ぶくれの人もいたよう…、いわゆる低温火傷ですね)

汗だくになりながら、実習。
6時間の成果はバラの花2つ。
e0102823_826188.jpg
花のツヤはとても良いし、花びらも薄く引けてるので良いとのことでした。
でも、デフォルメしすぎだそうです。まずは、基本に忠実にやりなさいとのこと。
むずかしいぞ〜、あめ細工…。
全身運動〜という感じで、へとへと。
e0102823_8292950.jpg


chef作のアメ細工。卒業試験では、このアメ細工をつくらなくてはいけません。
e0102823_8294893.jpg

e0102823_8301520.jpg

[PR]
by 75011paris | 2007-02-26 14:41 | école:製菓学校


<< La Ravigote ラ・... danse avec lui >>