Nantes  ナント旅行 その2
この日に見ることが出来たのは、渋さ知らズの舞踏の人たちのワークショップ?。
ジャズ祭の会場マップがすごくわかりにくくて、迷ってる間に
すでに定員オーバーで締めきり…。ねばって「パリからこれを見に来たの!と頼み込んで、
舞台の後ろに入れてもらう。
いつもステージ上では白塗りなので、なんだか不思議な感じだったけど、
フランスの子供たち、目が釘付けでした。(おしりペンペンとかして、いたずらする子も多数)
e0102823_22442837.jpg

川沿いには、いろんな食べ物の屋台が並んでいて、お祭りムード満載。
内容は、クレープ&ガレット屋、オイスターレストラン、シェーブルチーズのタルティーヌ屋、
その他各国料理の屋台など。もちろん、ロワール特産のミュスカデ(ワイン)の屋台もありました。意外にもお菓子の屋台は少なく、チュロスみたいなの(スペインだよね、これ?)とか、
プラリネくらい。そして、ミントティー屋台にあった、ミントを蒸留するマシーン?!
e0102823_22445074.jpg
そして、お祭りにつきものの大道芸人。
缶にお金を入れると、「ピー、ピポポポ、ピ、ピッ」とロボットみたいに動いて、また動かなくなります。
e0102823_22453630.jpg

夜が更けるに従って、会場のあちらこちらからジャズの演奏がきこえてきて、
人もどんどん増えてくる。
ちょっと気になったのは、会場にいる人たちの年齢層がかなり高い!のと、着席スタイルの会場…。

この日、おめあての渋さ知らズの演奏は、2ステージ。
でも、会場を探しても地図にのっていない。。
インフォメーションで尋ねたら、「遠いから、車じゃないと行けない場所だよ。」 
えっ〜、なんで?!
のこりは、0h00スタートのJam session のみ。
…、がはじまったのは、1h00近く! 理由は、メンバーが集まらなかったから。。
ピアノの人とトランペットの人がスタージにあがって、即興で演奏をはじめる。
ピアノの人、す、すごい。。
その後、サックス、ドラムと加わって、他のミュージシャンもいれかわり、立ち代わり演奏。
朝4時まで演奏は続くのでした。。 
by 75011paris | 2007-09-18 23:17 | voyage:小旅行


<< また、山場かな。。 ナント Rendez-vous... >>