パリで出会ったパン屋さん
パリで3ヶ月一緒に暮らしたルームメイトが一冊の本をだしました。

タイトルはパリで出会ったパン屋さん
e0102823_23484278.jpg

パンが好きで、”パンのルポルタージュの本を書きたい”と
焼き上がり時間にあわせてパリのパン屋を日々めぐっていた彼女が書いたのは、
パンや作り手に対する愛情がぎゅっと詰まったすてきな本。
彼女がだいじに持ち帰ったバケットの袋やパン屋の包み紙も本の中で紹介されていました。

「好き」を追いかけてかたちにする、ってすごいな。
by 75011paris | 2007-10-28 00:32 | livre:本


<< Je suis à YOKOHAMA je reste encore... >>