Je suis à YOKOHAMA
11月のはじめに横浜に戻ってきましたが、
荷物の整理やら、台所・冷蔵庫の片付けやら…、
ほぼ1年留守にした家中の掃除に追われる日々を送っています。
転入届けを出し、健康保険の手続きをし、脳梗塞について調べたり、
そのあいまにIKEAにいったり(←フランスでは結局1回もいかなかったから)
ちょこちょこネット関係の作業をしたり…、と
たいしたことをしていないのにあっと言う間に1週間。

すこし片付けがすすんだこともあって、
今日は、富沢商店にてfarine(薄力粉・強力粉・リスドォル)、sucre glace(粉糖)、
poudre d'amande(アーモンド)、beurre(バター)などもろもろを購入してきました。
これで基本素材がやっとそろったので、ぼちぼちお菓子作り再開できるかな〜と思ってたら、
買いにいったお店にあった貼り紙には、
『品薄のためバターの購入は1家庭につき2個まで』 の文字。
どうやら、飲用牛乳の消費減退に伴う減産調整で、原料の生乳が大幅に不足していて、バターの製造ができず、メーカーが出荷制限をしてるらしいのです。。

製菓材料の通販サイトを見ても、バターの多くが欠品状態〜!!
事態は深刻なのね。。

バ、バターが足りないなんて、こんなのフランスだったらありえないだろうな〜。

小麦粉、アーモンド、卵、砂糖も軒並み値上げ傾向だし、お菓子をつくる上で、
これは死活問題、大ダメージ…だよ。。
by 75011paris | 2007-11-09 01:17


<< du lait et du b... パリで出会ったパン屋さん >>