Pate de fruits 1 パート・ド・フリュイ
e0102823_1394526.jpg
どっさり届いた プラム大石早生で、パート・ド・フリュイを作りました。
前回つくったのは、1年以上前のフランス。


記憶をたどりながら作ってみた結果は、味はまずまず。
でも、ペクチンの量の問題なのか、生果実の煮詰め方が足りなかったのか、
ゆるめの固さの仕上がり。
なので、角がきれいに切れなかったのが残念です。。


そういえば、パート・ド・フリュイ用の型は、けっこう高かくて、あきらめた苦い記憶もあり。。MORAで150EUROS くらいだったかな?
今は、買っておけば良かった!と後悔です。

今回は、パート・ド・フリュイ用のペクチンが入手できず、HMタイプ(だと思う)のペクチンを%を計算して使ってみたけれど、それも問題だったかも?
イエローリボンのペクチンを入手して、再チャレンジしてみよう。
[PR]
by 75011paris | 2008-07-20 01:42 | japon patisserie


<< 紫蘇、投入。 fneouil フヌイユ >>