confiture aux gingembres しょうがのジャム
新しょうがで作ったのは、Sirop de gingembre(しょうがシロップ)とコンフィチュール。

すりおろした生姜に、はちみつ、レモン(かぼす)、水、クローブ、シナモン、オールスパイスを加えて煮ること10分…、漉した液体が、しょうがシロップ。
漉した後に残ったものにさらにはちみつを加えて10分煮ると、コンフィチュール。
スパイスは、香りだけつけたい場合は、ホール、味も加えるなら粉末を使います。
シロップは、炭酸で割るとおいしい手作りジンジャーエール(ディアボロ・ジンジャー)になります。お湯割りすれば、体もあったまる生姜湯に。
ホットミルクで割れば生姜ラテ、ミルクティーならジンジャーチャイ風、ストレートティーなら、ジンジャーティー…にとこれからの季節にぴったり!
レモンを加えると、くすんだピンクになるのもかわいいです。
e0102823_0291067.jpg


コンフィチュールはもちろんそのままパンにつけても良いけれど、
やっぱりお菓子に使うと味が引き締まる感じ。
ショコラとあわせたり、ケーキに焼き込んだり、パンデピスに加えても良さそうです。
しょうが焼きや煮物にも使えるので、あっというまになくなりそう。。

しょうがやスパイスの効いた味がしみじみ恋しくなってきたこの頃。
そろそろ寒くなるのかな。。

e0102823_0293681.jpg

[PR]
by 75011paris | 2008-10-14 00:03 | japon patisserie


<< Pain d'epic... Confi de Marron... >>