シャンドルール Chandeleur
クリスマス(冬至)から40日後にあたる2月2日はシャンドルールChandeleurと呼ばれる「聖母御潔めの祝日」にあたる祝日。
この日は家庭でクレープを焼いて食べるのが伝統らしいです。

ということで、フランス人料理研究家の
e0102823_1123253.jpg
valerieさんのお家で
手作りクレープを頂いてきました。
(valerieさんは、「ドラのみつけた 外国人の東京スタイル」の表紙に登場してる人です!詳しくは、本のP14~に紹介してあります。)
う〜ん、おいしい!

valerieさんはBIOや禅への関心が高く、
普段は体にやさしい素材を使った料理やお菓子をつくるのだけど、
今回は、バターたっぷりの伝統的なレシピ。
参加者がそれぞれ持ち寄ったコンフィチュール(ハチミツ、シロップ、アプリコット、リンゴ、ショウガetc..)をたっぷりのせて、焼きたてをハフハフ。

クレープにレモンを絞って、きび砂糖をのせて食べるのが、
シンプルで一番美味しい食べ方なんだそう!

キッシュやスープ(白みそ風味!)もあり、どれもやさしくて滋味深い味。
ほんとにおいしかったです。
素敵な日曜日になりました^^
[PR]
by 75011paris | 2009-02-02 01:12 | japon


<< ENCHAN-THÉ アンシャンテ 年賀状、ありがとう! >>